Loading

wait a moment

平日勤務だけは可能?歯科の需要はどれくらいあるの?

平日勤務のみや土日や夜の勤務など

医療機関には、病院の他にクリニックがあります。クリニックにも内科や眼科の他歯科があります。内科は医師が行いますが、歯科は歯科医師が行います。免許が異なるので、免許がなければ相互の仕事はできません。歯科で仕事をする人として、歯科医師以外に歯科衛生士がいます。国家資格ですが、歯科医師などよりも受験資格などが緩く、専門学校でも受験資格が得られる資格です。歯科医院での勤務が基本になりますが、勤務スタイルは勤める歯科医院によって異なります。平日のみの勤務も可能ですが、土日の勤務もあります。最近は休診日のない歯科医院もあります。自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるようになりました。家庭があるなら平日、独身ならそれ以外も選択肢になるでしょう。

歯科の需要はこれからも高まっていく

病院に行くのは病気になってからです。風邪をひいたときの他、検診などで重大な病気が見つかったときにも行きます。病気にならなければ行かないかもしれません。では歯科はどうかです。虫歯になったとき、歯が痛くなったときに行くイメージがありますが、最近は予防歯科や審美歯科などが注目されています。痛いから歯科医院に行くわけではありません。歯科で働く専門家として歯科衛生士がいますが、歯科の需要が高まれば当然ながら働ける場所も多くなります。歯科が多いところだと患者が分散しがちになりますが、少ないところだと患者が集中してかなり稼げるかもしれません。高齢者が多ければ利用者が多いため、高齢者が良く住んでいる地域の歯科を選ぶとしっかり稼げます。

歯科衛生士の転職を成功させる鍵は情報収集にあります。またどんな環境で働きたいのかを具体的に想像しながら面接を受けることが重要です。