Loading

wait a moment

英語の履歴書で担当者に好印象を与えるには

英語の読みやすい履歴書の書き方

外資系企業などの採用試験を受験する際には、すべて英語で履歴書を作成する必要があるため、担当者に分かりやすく人となりを理解してもらうために、在職中から英語力を高めておくことが大切です。特に、英語の読みやすい履歴書を提出することによって、書類選考をスムーズに通過できることはもちろん、面接の担当者に好印象を与えることもできます。そこで、採用試験の際に好まれやすい履歴書の書き方をマスターするうえで、実際に外資系企業に勤めている人からアドバイスをもらったり、英会話スクールなどに通ったりすることが効果的です。その他、企業ごとに期待される能力や経験について詳しく記載することで、内定率を高めることが可能です。

英語の職務経歴書を書くときに重視したいこと

就職試験のために英語の職務経歴書を書きたい時には、各企業の事業の内容や職種などに合った記載内容を心がけることが大事です。特に、大手の企業の採用試験を受験するうえで、他の求職者に差をつけたい場合には、高度な英語力をアピールすることが効果的です。そこで、英語の職務経歴書の記載方法についてノウハウを身につけるうえで、グローバル企業への就職を目指す人を対象としたセミナーや勉強会などに参加をすることにより、有意義なアドバイスを受けることがおすすめです。また、経験した仕事の内容や役職などを英語で表現するためには、ビジネス英語に関する専門知識が必要となることがあるため、ネイティブスピーカーに相談をすることも大切です。

面接を英語で行う企業が増えています。外資系以外の職種であっても、グローバルな場で活躍できる人材を求めているのです。