Loading

wait a moment

食品工場でのアルバイトは大変!?その特徴やメリット&デメリットについて

食品工場でのアルバイトの特徴

工場でのアルバイトは、業種によって様々なものがあります。精密機械を扱うような工場もあれば、フォークリフトがバンバン走っているような倉庫型の工場もあります。そのような多種多様の工場の中で、アルバイト求人が比較的多いのが食品工場です。食品工場でのアルバイトは、慣れないうちは大変に感じるケースが多いです。なぜなら、食品工場は割り当てられた場所を担当するライン作業が多く、同じ仕事をずっと繰り返し行います。配属される場所ごとに仕事のコツがあり、慣れないうちは冷や汗の連続かもしれません。それでもコツをある程度掴めるようになると、スムーズに仕事を進められるようになります。また、食品工場は基本的に立ち仕事です。休憩時間はあるものの1日7~8時間は立って働くことになるため、立ち仕事に慣れていない場合はキツく感じるかもしれません。腰痛にならないように、十分に気を付ける必要があります。

食品工場アルバイトのメリット&デメリット

食品工場のアルバイトのメリットは、コンビニ等と比べて時給が高めに設定されていることです。さらに22時から翌朝5時までの間は、時給が1.25倍になります。したがって積極的に夜勤に入ることで、高い給料を得ることが可能です。また、食品工場では黙って作業に取り組む場面が多いです。このため接客業が苦手な方や、人と接することなく黙々と仕事をしたい方にとって、メリットが大きいと言えるでしょう。一方、食品工場で働く時のデメリットは、楽しさを感じられる場面が少なく、忍耐が必要となることです。単調な作業の繰り返しなので、やりがいを見出すのが難しい職場だと言えます。

岐阜県には、上場している製造メーカーがたくさんあります。そのため岐阜の工場の求人は、寮が完備されているなどと高待遇であり、福利厚生も充実しています。