Loading

wait a moment

産業医は必置のお医者さんです!求人いろいろ!?

産業医ってどんなお仕事?求人はどれくらいある?

産業医とは、お医者さんの中でも、労働者の方々の健康管理を行います。一般のお医者さんが、病気の内容によっていろいろな診療科目があるのとは異なり、産業医の場合は、患者さんを労働者の方々を主としていることに特徴があります。労働者の方々がお仕事をするうえで、健康状態というのは重要なものであり、それが維持されて良い仕事ができるといえます。また、事業主の方々にとっても、従業員の方々が健康状態が良い状態でお仕事ができるように配慮する義務もありますから、それについて、産業医が配置されることによりその義務を履行することにもなります。具体的には、従業員が50人以上の場合は、1名の産業医を配置する義務があります。さらに、従業員が3000人を超える場合には、2名の産業医を配置する義務が、事業主の方にはあります。このことから、産業医の配置が、必要とされるので、求人も必ずあるということになります。一定規模の会社等にとっては、産業医はどうしてもほしい人材となることから、求人の需要も必然多くなります。

産業医の求人の特徴ってどんなところ?

産業医の求人としては、常勤・非常勤という区別がまずあります。常勤の場合は、常に事業所に配属されている雇用形態です。これに対し、非常勤の場合は、ある特定の曜日での勤務となる雇用形態です。これにより、求職者である産業医の方々の働き方によって自由に選択することもできます。医療系求人の特徴は、このようなところにあります。また、健診のみを担当する場合もあります。定期的に会社等に赴いて労働者の方々の検診を行うという働き方です。これも、医療系求人の特徴です。

産業医の募集は、多くは企業が多数存在する関東・東海・関西がメインになります。特に、東京が一番多く、給与は約1000万円以上になります。