Loading

wait a moment

ジェスチャーだけじゃ無理!英語力が問われる時代

台頭する外資系企業での勤務

英語での仕事ができることへの憧れについては、多くの人が持っているのではないでしょうか。グローバル社会の台頭が進んでいることを見ても、英語へのニーズが拡大していることは容易に理解することができます。身ぶり手ぶりやジェスチャーでもある程度までは理解することができますが、決してスマートとはいえないでしょう。そういう意味でも、もはや英語を話すことは社会人として必須ともいえるかもしれません。外資系企業への転職も活発化の様相を呈しています。世界でもトップクラスの経済大国である日本には、次々と外国から企業が進出しているのです。国際競争力が問われる時代ですから、この動きも当然といえます。日本人の多くも外資系企業で活躍しています。

転職エージェントや転職サイトの活用も

外資系企業に転職したいと思っても、どのように転職先を見つけたら良いかがわからない人も多いのではないでしょうか。最近では、転職への抵抗感も薄れており、転職エージェントや転職サイトなどが躍進しています。外資系企業に強いエージェントやサイトもありますので、登録すれば良いのです。登録すれば、キャリアアドバイザーなどがあれこれとサポートしてくれます。履歴書や職務経歴書などの書き方についても助言やアドバイスをもらえます。肝心の英語力アップについては、やはり本人が努力するしかないのかもしれません。英語スクールや英会話教室、通信講座などを活用して学べば良いでしょう。キャリアアップの観点からも英語スキルは重要です。

英語の転職は外資系が多いです。外資系企業は高い実績が求められる反面高い報酬がもらえます。得意の英語を活用して充実した生活を手に入れることができます。