Loading

wait a moment

医師が非常勤で働く時のメリットとデメリット

非常勤として働く医師のメリットとは?

医師の働き方は、勤務形態によって常勤と非常勤の2つに大別できます。常勤とは、病院で決められている医師の勤務時間について、全ての時間勤務している医師を意味しています。一般的な職業で表現すると、正社員やフルタイムワーカーと言えるでしょう。一方非常勤は、1週間に2日のみなど定期的な勤務だったり、健康診断や当直などの特定の日のみ勤務する働き方です。この非常勤の働き方には、メリットもあればデメリットもあります。まず非常勤で働く医師のメリットは、予め決められた日時だけ働けば良いので、家事や育児などのプライベートと両立しやすいことです。家庭の事情がある場合はもちろんのこと、他にチャレンジしたいことがある医師にとって、有効な働き方だと言えます。また、非常勤は急患で突然呼び出されたりすることがありません。精神的な面で負担が少ないことも、非常勤のメリットだと言えるでしょう。

非常勤医師のデメリットとは?

非常勤医師のデメリットは、福利厚生や社会保険の対象外になるケースが多いことです。勤務形態によっては該当となるケースもありますが、その場合は常勤に近い働き方かもしれません。また、非常勤は病院に出勤する日数が少ないことから、他の医師と連携が取りにくいというデメリットもあります。このためしっかりと医師の仕事を全うするためには、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。ちなみに非常勤の医師は、他の病院とかけもちすることも可能です。様々な医療機関で経験を積みたい時にも、有効な手段だと言えるでしょう。

医師の募集を探しているなら、求人サイトや転職サイトがおすすめです。医師専門の求人サイトもあり、条件の良い求人が見つかります。