Loading

wait a moment

保育士の気になる仕事内容とは!?1日のスケジュールもご紹介

保育士の仕事内容とは?

保育士は、子供が好きな女性にとって憧れの職業です。しかし、いざ保育士の資格をとって働き始めてみると、現実とのギャップを感じるケースも少なくありません。このため、まずは保育士の仕事がどのようなものであるかを、事前にしっかりと把握しておく必要があります。

保育士の仕事で大切なのが、子供たちに人生の基本となる生活習慣を身に付けさせることです。単純に食事や着替え、排せつ等の面倒を見るだけでなく、どうしたら子供たちが自分達でできるようになるか、考えながら指導していきます。また保育園では集団生活を通じて、人を思いやる心や、社会性を養うことも大切です。そのためには子供たちと積極的にコミュニケーションを取り、正しい方向へと導いてあげる必要があるでしょう。さらに、幼児期の子供たちは遊ぶことも仕事の一つです。元気が良すぎて怪我を負ったりしないように、安全面を見守ることも重要です。

保育士の1日のスケジュールについて

保育士は朝出勤したら、まずは子供たちを迎える準備をします。部屋をお掃除したり、設備をチェックしたりして、子供たちが快適に過ごせる環境を整えることが大切です。そして子供たちの登園後は、朝礼や朝の体操、自由遊びなどをサポートしていきます。午前中のカリキュラムが終わったら、今度は昼食です。お弁当か給食かは、保育園によって違います。子供たちがお行儀よく食事できるように、やさしく声をかけることも必要です。その後は絵本の読み聞かせやお昼寝、おやつの時間などを経て、降園となります。基本的に保護者が迎えに来るので、良好なコミュニケーションを取ることも仕事の1つです。

保育士の求人を大阪でお探しの方は、求人情報誌やサイトをチェックし、気になった施設の労働環境について、口コミサイトでチェックすると良いです。